あんメモ

プロデューサー兼ポケモントレーナー

【ポケマス】マジコスリーフに釣られてポケマスに復帰した話

f:id:anpokemas:20200902194801j:image 

1.始めに

8月28日、ポケモンマスターズが1周年を迎えてジコスリーフ&フシギバナが登場し、これをきっかけに復帰したので色々と書きました。

 

 

2.サービス当初との違い、追加要素

ポケモンマスターズはリリース初日にインストールしていましたがやることが全然無くてログインしなくなりました。そんなことをしている間にシステムが色々と変化や追加されていたため慣れるまでに結構かかってしまいました。

戸惑っていた点を簡単にまとめてみました。

 

サービス当初と現在の違い

スタミナの有無
サービス当初はスタミナという概念がなかった。そのためサービス初日に強化素材を集めてレベルの上限上げや、強化アイテムでレベル上げを永遠とやってたプレイヤーも少なくない…のかもしれない。
しかし現在はスタミナ制になっているためせっかくガチャで手に入れた新キャラのレベルの上限上げやレベル上げがしづらくなってしまったのは残念。


相手バディーズわざの能力解除の有無

サービス当初は相手のバディーズわざを受けると味方の上昇していた能力が全てリセットしてしまうため能力上昇するタイミング等も考える必要があった。
しかし現在ではそのような心配がないため初っぱなからバフをかけやすくなった。


ルガルガンマスターズ → リザードンマスターズ
サービス当初は攻撃、素早さ、急所率、命中率を自身で上げられるライチ&ルガルガンを持っていれば大抵どうにかなると言われており一部ではポケマスのことをルガルガンマスターズと呼ぶ人もいた。
しかし現在ではジコスレッド&リザードンがその立場になっている。


他にもタイトルにEXが追加されていた、わざやパッシブスキルを開放するためにアイテムが必要だったのにその手間がなくなっていた、強化アイテムのエリアがリニューアル、マルチエリアで自分のバディーズのみの編制で潜れる等の変更点もありました。

 

 

追加されていた要素

スキップチケット
バディーズが1組も倒されずにクリアしたエリアでのみ使えて、バトルをせずに報酬と経験値を獲得できるというアイテム。イベントやアイテムの周回が楽になるため非常に嬉しい。


バディストーンボード
ディドロップを使用してステータスや技の威力を強化したり、使用制限のある技の回数が多く打てたりできる。ガチャで2組目以降を出したり、わざのアメを使ってわざレベルを上げることで一部のボードを開放できる。ボードを全開放するにはわざレベルを3まで上げる必要がある。バディーズによってボードの内容が異なっており、まだボードが拡張されてないバディーズもいる。


ポテンシャル
ポテンシャルの巻物でスロットを開放し、食べたクッキーの種類によって様々な能力を付与できる。クッキーにはレア度が存在しており、レア度が高いほどより高いランクの能力を付与しやすくなる。


タイプスキル
同じタイプのバディーズを2組以上編制することで効果を発動することができてバディーズごとに発動する効果が異なる。スキルパワーというアイテムを使用することで発動する効果を強力にすることができる。


星6EX
1周年で実装された新要素。星5のバディーズののびしろを20枚使用した状態でチャンピオンソウルを使用することで星6EXに強化できる。バディーズわざが強化されたり、特別なカラー衣装に変更が可能となる。


バトルヴィラ
ポテンシャルを開放するために必要なポテンシャルの巻物クッキーを手に入れられる。
従来のバトルとは異なり、バトルで消費したHPやわざの回数が次のバトルにも引き継がれて、HPが0になるとその日のバトルでは使用できなくなる。削った相手のHPは次回のバトルに持ち越すことが可能。1日で最大9組まで使用が可能。15時になるとバディーズの状態がリセットされる。


ソウリョクバトル
従来のバトルとは異なり、限られたバディーズ数で戦い抜く。削った相手のHPは次回のバトルに持ち越すことが可能で、挑戦状況をいつでもリセットできるのでバトルヴィラの簡易版に近い。

ソウリョクバトルの中にはレジェンドバトルと呼ばれるものも存在している。レジェンドバトルではエンテイコバルオンラティオスと言った準伝説ポケモンと戦うことができる。


チャンピオンバト
1周年で実装された新バトル。一度使用したバディーズがそれ以降のバトルで使用できなくなるため全15組のバディーズを使用して5連戦を行わなければならない。
四天王戦では1戦ごとに特殊ルールがあり、チャンピオン戦では四天王戦でそれぞれ行った4つの特殊ルールのうち好きなものを選ぶことができる。

 

この他にタマゴ機能も実装されていました。

 

 

3.プレイしてみて

私は現在行われてるイベントの星4エンブレムを全てゲットしたり、パシオ殿堂入りしたりと復帰勢の中でも結構やってる方だと思っています。
(違ったらすみません。)

f:id:anpokemas:20200902195255j:plain
f:id:anpokemas:20200902195258j:plain
f:id:anpokemas:20200902195300j:plain
f:id:anpokemas:20200902195305j:plain




そんな私がプレイして思ったことが3点あります。

 

レッド&リザードンが強かった!
真っ先に思ったのはこれでした。特攻、素早さ、急所率を自身で上げれるためバフ要員の必要がなく、熱風ブラストバーンの命中率の不安定さをパッシブスキル”必中化”で補えるためストレスなく戦えます。また高火力アタッカーの宿命でもあるわざゲージが足りなくなるという問題点もパッシブスキル”わざ後わざゲージ↑4”ボードスキル”Bわざ後わざゲージ↑6”で補うことができるため1匹で自己完結しておりリザードンマスターズと呼ばれるだけあるなと思いました。

とは言え復帰するきっかけとなったジコスリーフ&フシギバナもちゃんと活躍してますw

 

他のプレイヤーと競えるイベントやシステムが欲しい

現在のポケマスは他のプレイヤーと協力することはあってもCPUを倒すだけです。ゲームで例えるとダンデを倒してチャンピオンになって、鎧の孤島のストーリーのような追加コンテンツを毎回やっている状態が一番近いと思います。

剣盾でランクマッチをしたり、別のスマホアプリでイベントのポイントを競い合っていた身としてはやはり飽きてしまいます。なので他のプレイヤーと3vs3で対戦したり、イベントのポイントでランキングをしたりするなど競える要素があれば良いのかなと感じました。

 

ともだち機能の残念さ

ともだち機能があるにも関わらず何の役にも立っていなかったのでここはどうにかして欲しいと感じました。

普段やっているミリシタというアプリでは同僚(ともだちと同じ)になるとライブに参加するゲスト(能力の強化)を選ぶ際に出てきやすいというメリットがあります。
f:id:anpokemas:20200902185850j:image
f:id:anpokemas:20200902185905j:image


ポケマスでも同じように出発する際に他のプレイヤーを選択してタイプスキルが反映されるなどの能力を強化することができるシステムが追加され、ともだちになると選択時に出てきやすいといったメリットがあればともだち機能も意味のあるものになるのではないかと考えています。

 

 

4.最後に

剣盾が雪原の孤島配信まで暇だという方、ポケマスを始めるなら今です。
人権とも言われているジコスレッド&リザードン、可愛いくてエグい性能を持つジコスリーフ&フシギバナ、クールなジコスグリーン&カメックスを取って、快適なポケマスライフを楽しみましょう!
f:id:anpokemas:20200902205153j:image