あんメモ

プロデューサー兼ポケモントレーナー

【剣盾・ダブル】エルドラファントムビート

f:id:anpokemas:20200412190502j:image

構築経緯

主軸決定まで

4月のINCに向けて日々ポケモンをやっているのだが年度末、年度初めと仕事が忙しいのもあってか、サイクル戦で試合が長くなると寝落ちしてしまったり、寝ずとも思考が回らなくなったりと試合に集中できないことがあった。そのため寝落ちする前に試合をさくっと終わらせられるように上から火力を押しつける構築を作りたいと考えた。

(寝落ちしてた時の対戦相手の方にはこの場をお借りして謝罪致します。貴重な時間を奪ってしまい申し訳ありませんでした。)
このコンセプト通りの構築を作るにあたり、主軸にするポケモン、並びがキョダイリザードン、パッチラゴン、アイアント、ウオノラゴン、袋叩きギミック、インテレオンオーロンゲ、ドラパルトウインディの7つの候補がでてきた。

f:id:anpokemas:20200327174225p:plain
サンパワーが発動したキョダイゴクエンは大抵の相手を一撃で粉砕するほどの超火力ではあるが、異常気象のように天候がころころ変わるガラルダブルにおいて天候依存の火力は安定性がないことや4倍弱点があるため例えダイマックスしていても不意の攻撃で倒されかねない。

f:id:anpokemas:20200120231112p:plainf:id:anpokemas:20200301103047p:plain
ダイマックスすることで張り切りのデメリットを無くすことができるがダイマックスが切れた後に技をしっかり当ててくれるか不安。

f:id:anpokemas:20200120231101p:plain
素早さの操作は必要だがダイマックスしなくても高火力が出せる。(最悪の場合先制の爪でどうにかする)しかしキョダイラプラスの存在が大きく使いづらい環境となっている。

f:id:anpokemas:20200119164443p:plainf:id:anpokemas:20200119163934p:plain
嘘泣きからのダイストリームによる高速高火力の押し付けやエルフーンの追い風展開を猫騙しダイジェットで防げたり、脱出ボタンを相手に押しつけたりと柔軟に立ち回れる。オーロンゲをニャオニクス♂に変えるとスイッチトリル、レパルダスだとまねっこで相手のトリルを一気にひっくり返すことができる。しかしウオノラゴンと同じくキョダイラプラスの存在で使いづらい環境となっている。

f:id:anpokemas:20200226182545p:plainf:id:anpokemas:20200301103133p:plain
袋叩きギミックは決まれば強いが、トゲキッスやピッピ入りの構築が多くギミックを決めにくい。そのため主軸にして無理に決めるよりはサブギミックとして使った方が良いと考えてる。
ということでf:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200226182545p:plainを使うことにした。 

ドラパルトウインディとは

カ・エールさんがINCで1位を取ったサマヨミロナット構築の裏選出。ドラパルトのダイホロウで相手の防御を下げて、鉢巻ウインディの火力を押しつけるという攻撃的な動きができて、ウインディの威嚇やドラパルトのダイドラグーンで相手の火力を削ぐこともできる攻守共に優れた並びで中速以下の相手に強い。またウインディを正義の心にすることで袋叩きギミックを偽装してウインディ猫騙しを打ちづらくすることもできて、逆に取り入れるということもできる。

 

催眠対策をどうするか

前回のINCで有利盤面を素催眠で最長眠りを引いてひっくり返されるということが2、3回あったので、貴重なダイマックスターンを潰しにくるf:id:anpokemas:20200327195113p:plainf:id:anpokemas:20200327195120p:plainf:id:anpokemas:20200327195135p:plainf:id:anpokemas:20200327195314p:plainの催眠への対抗策を基本選出に組み込むことは必須だと考えている。特に葉緑素によってスカーフ持ち最速124族まで抜くことができて、自分や味方を眠り状態から守るスイートベール持ちのアマージョやマホイップに強いフシギバナには注意が必要。
そこでエルフーンの追い風でこちらも素早さを2倍にしてドラパルトのダイサンダーでエレキフィールドを貼ることで気合いのタスキを潰しつつ眠らないようにすることにした。万が一エルフーン方向へヘドロ爆弾やダイアシッドが飛んできて倒されたとしても追い風とエレキフィールドを展開した状態でドラパルトとウインディを並べることができる。

 

補完枠の決定

現時点で単体技しかないため水、フェアリータイプと技範囲が優秀で命中安定の全体技が打てるf:id:anpokemas:20200328000629p:plain。ドラパルトの苦手なミミッキュ等のフェアリータイプに強く、ウインディの苦手なウォッシュロトムにも地面技を当てられるf:id:anpokemas:20200301102655p:plainを入れることにした。

 

基本選出の決定

当初ダイホロウの追加効果と相性が良い物理型にしようと考えていたドラパルトを素催眠に屈しないよう特殊型にしたため自身での火力アップの手段がない。そのためエルフーンの嘘泣きと組み合わせて1匹ずつ倒していき、ドラパルトやエルフーンが倒されたらダイホロウや嘘泣きで耐久力の下がった相手を拘りアイテムで火力の上がったウインディアシレーヌ、特性を無視して攻撃できるドリュウズで倒していく。

ドラパルトとウインディを初手で並べることを想定してたためウインディの特性を正義の心にしてウインディダイマックスエースとする袋叩きギミックを偽装して猫騙しが飛んでこないようにしようと考えていたが、ウインディが後発となったため威嚇にした。

 

ラスト1枠は?

基本選出のトリル展開の対策が「エルフーンの嘘泣き+ドラパルトのダイマックス技で倒す」もしくは「エルフーンの挑発で封じる」であるためf:id:anpokemas:20200328001139p:plainf:id:anpokemas:20200120232204p:plain+弱点保険持ちトリルエース(主にf:id:anpokemas:20200328001206p:plainf:id:anpokemas:20200328001217p:plain)のようなこの指止まれで守ったり、サイコフィールドを貼ってトリックルーム展開をする並びに対してなすすべもなく負けてしまう。そのためラスト1枠はこの並びに対してこの指とまれを無視しながらドラゴンテールトリックルーム展開を封じることができるf:id:anpokemas:20200119163841p:plainを入れた。

 

実際に使ってみて気づいたこと

3月31日のシーズン4最終日。サブロムをマスターボール級に上げ忘れていたのでスーパーボール級(ランク9)よりこの構築を使ったところ無敗でマスターランクまで昇格、その後も勝率8割越えをキープしながら3桁まで上げることができた。

しかし2つ気になったことがあった。

1つ目はドリュウズ。拘りアイテムを持たずに技を自由に使える汎用性のある物理アタッカーとして使っていたのだが、猫騙しで止められて追い風ターンを稼がれたり、先制技が欲しい場面が多かった。

そこで同じく単体性能が高く、先制技を持ち、猫騙しが効かないf:id:anpokemas:20200330200643p:plainへと変更。ドリュウズを使っていたときは行動保証のために持たせていた気合いのタスキがキョダイゴクエンのスリップダメージで削られないようにと立ち回る必要があったがその心配もなくなった。

2つ目はジュラルドン。ジュラルドンのドラゴンテールトリックルームを防ぐまでは良いのだがそれ以降が強くないと感じた。特殊耐久力があまりにないためジュラルドンはダイマックスしないと弱いと個人的に考えていて、トリックルームを防いだらとりあえずダイマックスをしていたのだがドラゴンテールをする前に倒されては意味がないので耐久に結構振っていたのもあってか火力が出ない。そして技構成が流星群、ラスターカノン、10万ボルト、ドラゴンテールとドラパルトと技範囲が被っていた。

そのため「ジュラルドンはドラゴンテールトリックルーム展開を封じ、ワイドブレイカー、バークアウトで火力を削ぐといった相手の妨害に徹して、倒れたらダイマックスエースのドラパルトで一掃する」といったゲームプランを定めることで解決して今に至る。

 

構築名は基本選出であるエルフーンとドラパルト、そしてミミッキュが入ったことで最近話題のファントムビート要素が生まれたのでそこから取っている。

 

個別解説 

f:id:anpokemas:20200119164422p:plainドラパルト(NN ドラゴサック)

持ち物    :命の玉
能力補正:C↑ A↓
特性        :すり抜け
実数値    :177-×-96-167-96-180
努力値    :H108 B4 C252 D4 S140
技            :シャドーボール、雷、流星群、ハイドロポンプ

 ※努力値等調整
C…極振り

S...最速108族抜き+3

残り...最大耐久指数になるように調整

今回の構築のエースアタッカー。幅広い技範囲、そして一目では型がわからないため奇襲性能が高い。特殊型は物理型に比べると若干火力が控えめではあるがエルフーンの嘘泣きと組み合わせることで十分な火力を出すことが可能。鬼火で腐らないのも魅力である。

命の玉を持たせることでダイマックス時でも火力を上げれるので、エルフーンの嘘泣きと合わせてほとんどのポケモンを高速で倒していく。

物理型でないため威嚇におびえる必要が無く、キョダイラプラスが結構いる環境のため特性は光の壁、リフレクター、オーロラベールを無視して攻撃できるすり抜け

技構成は相手の防御を下げるダイホロウ、エレキフィールドを貼るためのダイサンダーはコンセプト上必須。他に相手の攻撃力を下げつつタイプ一致で打てるダイドラグーン、ガオガエンドサイドンを一撃で倒したり、天候奪取やアシレーヌの火力増強ができるダイストリームが打ちたかったのでそれぞれのタイプで最も火力の高い特殊技であるシャドーボール流星群ハイドロポンプとなっている。ダイマックスが切れた後に命中不安定技が多いが、ダイマックスが切れる頃には相手のポケモンを2、3匹倒してほぼゲームが決まっている、もしくは倒されているのどちらかであるためあまり気にならなかった。

ドラパルトミミッキュ、ドラパルトギルガルドというゴーストタイプ2匹の並び通称ファントムビートのドラパルトを抜けるように素早さラインの基準になりやすそうな最速アイアント抜き調整(実数値178)を抜けるようにしていた(実数値179)。特殊に極振り、残りをHPに振るとちょうど10n-1(珠ダメージ最小)となったため、珠ドラパルト使いは同じこと考えているのではないかと思い、素早さを更に1早くすることにした(実数値180)。

 

f:id:anpokemas:20200301103133p:plainエルフーン(NN もふもふ)

持ち物    :バコウの実
能力補正:D↑ A↓
特性        :悪戯心
実数値    :167-×-106-97-139-136
努力値    :H252 B4 D252
技            :追い風、嘘泣き、挑発、手助け

努力値等調整
HD...極振り

この構築の潤滑油みたいな存在でドラパルトの火力補助や後続への盤面作りが主な役割。
サポート特化のため特性は変化技を先制で使える悪戯心

エルフーンのサポートがあってこそドラパルトが輝くため猫騙し+ダイジェットで何もできずに倒されてドラパルトが上を取られるということは何としてでも避けたかった。そのため飛行技を半減できるバコウの実を持たせて確実に耐えれるようにした。

技構成はドラパルトが葉緑素が発動したフシギバナよりも先にダイサンダーを打ったり、後続のサポートするための追い風、ドラパルトの火力を補助する技で、相手の特防を下げるため後発のアシレーヌにも恩恵のある嘘泣きサマヨールトリックルームを封じたり、ドラパルトがいない,ダイマックスが切れた等でダイサンダーが打てないときの催眠対策の挑発、嘘泣きが効かないドラパルトやアーマーガア、悪戯心が効かない悪タイプ相手にも火力を補助できる技で、後続の物理アタッカーにも使える手助けとなっている。手助けは優先度5のため猫騙しされそうだけど隣の火力を上げたいというときにも使えて何かと便利だった。

攻撃技が全くないため特攻に振るメリットはなく、素早さに振るメリットもまねっこトリックルームに割り込んで阻止する、ミラー時の挑発くらいしかない。そのため特殊耐久に振り切り、物理耐久はダイドラグーンや威嚇でカバーすることで少しでも長くサポートできるようにした。

 

f:id:anpokemas:20200226182545p:plainウインディ(NN ジュニオール)

持ち物    :拘りハチマキ
能力補正:S↑ C↓
特性        :威嚇
実数値    :165-162-100-×-101-161
努力値    :A252 D4 S252
技            :フレアドライブインファイト、噛み砕く、神速

努力値等調整
AS...極振り

特性の威嚇によりパーティ全体の物理耐久力を底上げしつつ、高火力技を押しつけるという攻守共に優れたポケモン

基本的に裏に控えていて、ドラパルトのダイホロウで防御力が下がった相手をエルフーンの追い風のサポートを受けながら倒していく。そのため物理火力を最大限まで上げる拘り鉢巻を持たせている。

技構成についてはタイプ一致で高火力技のフレアドライブ、ドラパルトの苦手とする悪タイプへの打点であるインファイト、優先度+2の先制技である神速トリックルームを展開してくる相手に弱点を突ける噛み砕くとなっているが噛み砕くをワイルドボルトに変えるのもありかもしれない。

ドラパルトでは突破しづらいバンギラスもダイホロウで防御を1段階下げるとH252振りのダイマックスしたバンギラスインファイトで確定で倒せるのでイージーウィンが狙いやすかった。

 

f:id:anpokemas:20200328000629p:plainアシレーヌ(NN みずしまさき)

持ち物    :拘り眼鏡
能力補正:C↑ A↓
特性       :うるおいボイス
実数値   :156-×-94-195-136-112
努力値   :H4 C252 S252
技          :ハイパーボイスマジカルシャインハイドロカノンムーンフォース

 ※努力値等調整
CS...極振り

単体技ばかりのこの構築において貴重な全体技持ちで水・フェアリーという優秀な技範囲を持つ。また水タイプの全体技がHPによって火力が変動する潮吹き、命中が不安定の濁流、味方を巻き込む波乗りとどこかしら問題点があるがうるおいボイスにより水技となったハイパーボイスは命中率100%、火力がHPに依存しない、味方を巻き込まないと安定感がある。

持ち物は初っ端から高火力を出したかったので拘り眼鏡を持たせている。

技構成については特性により命中安定の水タイプの全体技となるハイパーボイス、フェアリー技の全体技マジカルシャイン、フェアリー技の単体技で火力の高いムーンフォースまではすぐに決まった。うるおいボイスは音技のタイプを水に変えるという効果のため現時点の技構成ではダイマックスした場合ダイストリームが使えない。そこでダイストリームの火力が一番高くなるハイドロカノン、水技を吸収するトリトドンに弱点をつけるエナジーボール、眠ったときにも攻撃できる寝言の3つが候補に上がった。しかしトリトドンにはムーンフォースと隣のポケモンで集中すれば事足りるし、エナジーボールで拘った場合かなり弱いと感じた。寝言も同じく拘るとあまりに弱い。そのためハイドロカノンとなった。

 

f:id:anpokemas:20200404203951p:plainミミッキュ(NN ピカもどき)

持ち物    :ピントレンズ
能力補正:A↑ C↓
特性        :化けの皮
実数値    :131-156-100-×-125-116
努力値    :H4 A252 S252
技            :シャドークロー、じゃれつく、影打ち、剣の舞

努力値等調整
AS...極振り

猫騙しが効かず、先制技が使える汎用性の高い物理アタッカー。前作に比べて化けの皮が剥がされるとダメージを受けるという弱体化はあるものの、キョダイゴクエンや砂ダメージ等のスリップダメージに影響なく行動保証があるのは強い。

技構成はすぐにダメージを与えられるシャドークロー、フェアリー打点のじゃれつく、先制技の影打ち、隣が相手を倒している隙に攻撃力を上げる剣の舞となっている。守るを貫通して攻撃できるゴーストダイブも魅力的ではあるが、攻撃が1ターン遅くなってしまい追い風ターンを無駄にしてしまうので採用には至らなかった。

持ち物は素の火力はそこまでないため火力を上げるものにするべきなのだが、ドラパルトが命の玉、ウインディが拘り鉢巻を使っている。そのため打つ頻度が一番多いシャドークローとシナジーのあるピントレンズを持たせて、50%の確率で相手の威嚇や積み技、キョダイラプラスやオーロンゲが貼った壁を無視しながら大ダメージを狙えるようにした。アーマーガアやナットレイ等要塞と化した相手に対しても能力変化を無視しながら攻撃できるのでかなり活躍した。

 

f:id:anpokemas:20200119163841p:plainジュラルドン(NN オベリスク)

持ち物    :突撃チョッキ
能力補正:D↑ A↓
特性       :筋金入り
実数値   :177-×-139-140-108-105
努力値   :H252 B28 D228
技          :ラスターカノン、ワイドブレイカー、バークアウト、ドラゴンテール

努力値等調整
HB…A-1 補正ありドサイドンのダイアース(130)を確定耐え

主にガチトリルに対して選出。トリックルームの始動を筋金入りによりこの指止まれを無視しながらドラゴンテールで防ぎ、ドラゴンテールの効かないブリムオンにはバークアウトで火力を削いでいく。

持ち物は特殊耐久力の低さをカバーするために突撃チョッキ

技構成についてはトリックルームを封じるためのドラゴンテールドラゴンテールで飛ばせないブリムオンの火力を削ぐためのバークアウト、物理アタッカーを弱体化させるワイドブレイカ、タイプ一致で打てて火力も命中率も安定のあるラスターカノンとなっている。

最初はとある記事のダイマックス前提のチョッキジュラルドンを真似て使用した。しかしダイマックスをしなくなったため友人のアドバイスを参考にドラゴンテールトリックルームを封じた後にドサイドンが出てきて次のターンに攻撃してきた場合にワイドブレイカーで火力を下げて確実に耐えれるように物理に多少振り、残りを特殊耐久に振り切ることにした。

 

選出パターン

基本選出

先発:f:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200301103133p:plain

後発:f:id:anpokemas:20200226182545p:plainf:id:anpokemas:20200328000629p:plainf:id:anpokemas:20200330200643p:plainの内刺さっている2匹

非選出:f:id:anpokemas:20200119163841p:plain

ダイマックス:f:id:anpokemas:20200119164422p:plain

エルフーンの嘘泣きとドラパルトのダイマックス技で相手をどんどん倒していき、ダイホロウや嘘泣きで耐久力の下がった相手を追い風下の後発で倒していく。

vsf:id:anpokemas:20200328001139p:plainf:id:anpokemas:20200330200643p:plainf:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200226182545p:plainf:id:anpokemas:20200327195135p:plainf:id:anpokemas:20200330200802p:plain

エルフーン入りのため先発は中速以下に強いドラパルト+ウインディではなくサマヨールミロカロスと予想される。

サマヨールに挑発を打ってトリックルーム展開を封じてる間にダイサンダーでミロカロスを削り、次のターンミロカロスを嘘泣き+ダイサンダーで倒す。HP満タンのダイマックスミロカロスを嘘泣き+珠ダイサンダーで落とせないので一度削ってから攻撃しないと勝気が発動して返り討ちにあってしまう。

※C252 控え目ドラパルト → H252 DM冷静ミロカロス

 嘘泣き+珠ダイサンダー(140) 確定2発(78.5%~92.6%)

vsf:id:anpokemas:20200327174225p:plainf:id:anpokemas:20200120233634p:plainf:id:anpokemas:20200330200412p:plainf:id:anpokemas:20200301102655p:plainf:id:anpokemas:20200226182826p:plainf:id:anpokemas:20200120230749p:plain

エルフーン入り、バンギラス無しのため先発はリザードン+ピッピと予想される。

リザードン方向へ嘘泣き+ダイストリームを集中する。ピッピが守るや手助けを選択していた場合はリザードンを無償突破できる。この指止まれをされてもピッピを突破しつつ、天候を雨にできるため次のダイストリームでリザードンを倒すことができる。またキョダイゴクエンの威力を下げれるのでエルフーンの生存率が高くなったり、ダイマックスが切れたドラパルトの雷を必中にすることもできる。

※C252 控え目ドラパルト → H252D4 輝石 呑気ピッピ
 嘘泣き+珠ダイストリーム(140) 確定1発(100.6%~119.2%)

 ※C252 控え目ドラパルト → H4 DM臆病リザードン
 雨+珠ダイストリーム(140) 確定1発(105.5%~125.0%)

vsf:id:anpokemas:20200330201109p:plainf:id:anpokemas:20200120234313p:plainf:id:anpokemas:20200328001217p:plain

ラプラス+マホイップの場合

マホイップのほとんどが催眠対策のスイートベールであることからエルフーンはマホイップに挑発をして味方を強化するデコレーションや要塞化するための瞑想、溶けるを封じ、ドラパルトは特殊型であることがばれにくくするため、そして後続につなげるためのダイホロウでラプラスを削る。キョダイセンリツで壁を貼られても特性のお陰で無視しながら攻撃できるため嘘泣き+ダイサンダーでラプラスを落とす。ミロカロス同様嘘泣き+珠ダイサンダーで落とせないので一度削ってから攻撃しないと弱点保険が発動して返り討ちにあってしまう恐れがある。

ラプラス+ガオガエンの場合

ガオガエン猫騙しでエルフーンの動きを止めて、ラプラスのキョダイセンリツで倒しにくることが多い。そのためエルフーンウインディに交代して受けきる。相手がドラパルト方向へ集中してきた場合もガオガエンに威嚇が入るのでダメージを抑えることができる。

※C252 控え目ドラパルト → H252 DM控え目ラプラス
 嘘泣き+珠ダイサンダー(140) 確定2発(84.4%~99.8%)

vs f:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200330200643p:plainf:id:anpokemas:20200402204038p:plain
こちらにはエルフーンがいるため追い風で確実に先に動かせる状態になっている。そのためドラパルトを動かしてくるのは素早さを削って耐久にがっつり振った型のみだと考えている。ドラパルトはクリアボディで嘘泣きが効かないので手助け+ダイドラグーンで相手のドラパルトを倒しつつ、隣の攻撃力を下げることで優位に立てる。

と思っていたが耐久にあまり振ってないドラパルトも動いてきたので、追い風+ダイドラグーンでドラパルトを倒して隣の火力を下げていた。

 

ジュラルドンを選出する場合

基本的にはこの指止まれ+トリックルームのガチトリルやイエッサンカビゴンアブリボン構築に対してはジュラルドンを先発にする。

相手の構築にフシギバナバタフリー等眠らせてくるポケモンがいるかいないかで選出が少し変わるが、ジュラルドンのドラゴンテールトリックルームを貼らせない、腹太鼓したところを手持ちに戻す、ワイドブレイカーやバークアウトで相手の火力を削ぐという点は変わらない。

vsf:id:anpokemas:20200328001139p:plainf:id:anpokemas:20200120232204p:plainf:id:anpokemas:20200328001206p:plainorf:id:anpokemas:20200328001217p:plain

先発:f:id:anpokemas:20200119163841p:plainf:id:anpokemas:20200328000629p:plain

後発:f:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200226182545p:plainf:id:anpokemas:20200330200643p:plainの刺さってるポケモン

非選出:f:id:anpokemas:20200301103133p:plain

ダイマックス:f:id:anpokemas:20200119164422p:plain

この指止まれ+トリックルームをジュラルドンのドラゴンテールで阻止しながら、アシレーヌの全体技で削っていく。トリックルームを展開させなければ後発のドラパルトで削り切るのも容易。

vsf:id:anpokemas:20200328001139p:plainf:id:anpokemas:20200120232204p:plainf:id:anpokemas:20200328001206p:plainorf:id:anpokemas:20200328001217p:plain+f:id:anpokemas:20200402204908p:plainf:id:anpokemas:20200327195113p:plainorf:id:anpokemas:20200327195120p:plain
先発:f:id:anpokemas:20200119163841p:plainf:id:anpokemas:20200301103133p:plain
後発:f:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200226182545p:plainf:id:anpokemas:20200328000629p:plainf:id:anpokemas:20200330200643p:plainの刺さってるポケモン
ダイマックス:f:id:anpokemas:20200119164422p:plain
この指止まれ+トリックルームをジュラルドンのドラゴンテールで阻止しながら、後発のドラパルトをダイマックスさせて削っていく。エルフーンフシギバナが来たときに挑発で眠り粉を封じるために入れている。

vsf:id:anpokemas:20200120232204p:plainf:id:anpokemas:20200226182748p:plainf:id:anpokemas:20200408181808p:plain

先発:f:id:anpokemas:20200119163841p:plainf:id:anpokemas:20200328000629p:plain

後発:f:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200226182545p:plain

イエッサンがこの指止まれしながら腹太鼓してくるので、アシレーヌの全体技で削りながら、ジュラルドンのドラゴンテールで腹太鼓し終わったカビゴンを手持ちに戻す。ダイマックスされるとドラゴンテールで引かせることができないので注意。

 

苦手な相手 

挑発持ちのエルフーン

エルフーンのサポートがあることでドラパルトを始めとするアタッカーが活きるため初手で挑発されるとかなりきつい。

 

イエッサン♀

ガチトリルではなくスタン系の構築に入ってるイエッサン♀。サイコフィールドにより同じくエルフーンのサポートが機能しにくくなるためきつい。特にサイコシード型。

 

サイドチェンジ 

全体技持ちがアシレーヌとジュラルドンのみで、ジュラルドンに関しては攻撃性能がほとんどない。そのためサイドチェンジで攻撃を透かされやすい。相手の立場になって考えることでサイドチェンジを読み切る。

f:id:anpokemas:20200119164422p:plainf:id:anpokemas:20200214002551p:plainf:id:anpokemas:20200226182826p:plainf:id:anpokemas:20200328001139p:plainf:id:anpokemas:20200405012048p:plainf:id:anpokemas:20200405012128p:plainf:id:anpokemas:20200213234219p:plainf:id:anpokemas:20200405012405p:plainf:id:anpokemas:20200405012436p:plainf:id:anpokemas:20200405012553p:plainf:id:anpokemas:20200405012600p:plainf:id:anpokemas:20200405012606p:plain

 ↑こいつらを見たら要注意 

 

湿原コンボ

主にインテレオンとフシギバナの並びが辛い。ドラパルトが最速インテレオンを抜けていないため追い風をしないと湿原を決められる前にドラパルトを動かせない。インテレオンは気合いのタスキを持っており、フシギバナは無振りだとダイドラグーンでも乱数でぎりぎり倒せるくらい(56.3%)のため、ほとんど誓いを決められてしまう。また相手の構築にコータスキュウコンがいると葉緑素を発動させて眠り粉をばらまくという選択肢まで出てくる。

※C252 控え目ドラパルト → H4 臆病フシギバナ
 珠ダイドラグーン(140) 乱数1発(91.0%~108.3%)

 

まねっこトリル

 元々の技がトリックルームのダイウォールをして、悪戯心のまねっこでトリックルームを展開するという一時期話題になったコンボ。基本的にはブリムオンとレパルダスでしてくる。このコンボはダイウォール(優先度:+4)と悪戯心まねっこ(優先度:+1)の間にこの指止まれ(優先度:+2)等を割り込ませてまねっこでトリックルームではない別の技を使わせることで簡単に崩せることができる。しかしこの構築ではこの指止まれが使えるポケモンはいなく、同じく悪戯心持ちのエルフーンは素早さに振ってないためコンボを止める手段がウインディを神速(優先度:+2)で拘らせるしかない。

 

戦績

f:id:anpokemas:20200412190522j:image

4月 INC メインロム

最高レート  1712
最終レート  1635
35戦中 23勝 12敗(勝率65.7%)

4/11(土) 13勝 2敗

○○○○○○×○○○|

○○×○○

4/12(日) 10勝 10敗

○○××○○○×○○|

×××××○×○○×|

f:id:anpokemas:20200412190757j:image
4月 INC サブロム

最高レート  1758
最終レート  1717
43戦中 30勝 13敗 (勝率69.7%)

4/11(土) 17勝 3敗

×○○○××○○○○|

○○○○○○○○○○|

4/12(日) 13勝 10敗

○×○○○○××○×|

××○○○××○○○|

××○

 

このようにINCではあまり良い結果を出せなかったものの、

 

f:id:anpokemas:20200401215257j:image

ランク戦(シーズン5)で瞬間16位達成


f:id:anpokemas:20200408121622j:image

4月4日(土)に行われた1,000人超えの仲間大会で6位

15戦中 12勝 3敗(勝率80%)

 

という結果を出すことができた。

 

そして対戦中に寝落ちすることがなくなった。
f:id:anpokemas:20200408185252j:image

 

最後に

ここまで閲覧してしていただきありがとうございました。

スタートが寝落ちしない構築が作りたいという何ともふざけた理由ではあったものの、自分なりに納得のいく完成度の高い構築を完成できたと自負しています。また瞬間であったとはいえランク戦において自身の過去最高の順位を達成することができました。ジュラルドンの調整に付き合ってくれたTomy(@sketchbook_0217)、フレ戦を快く受けてくれた方々にはこの場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

今回ピントレンズミミッキュを使ったことで急所ランク+1の技とピントレンズが強いと実感したとともに、急所時のダメージを1.5倍から2.25倍に増加できるスナイパーという夢特性を持ち、急所ランク+1の専用技である狙い撃ちが使えるインテレオンがかなり強いことに気づいてしまったので解禁されたら使おうと思いました。

コロナウイルスの影響で世界大会が中止、全国大会も開催が危うい状態となりダブルバトルをする上での大きな目標がなくなってしまいましたが、今後も色んなポケモンやギミックを試してみたりと楽しくポケモンをしていき、その得た知識を活かしていきたいと思います。

 

 

 

余談ですが最近シャニマスを再び始めて三峰結華も推しになりましたw(小宮果穂に次ぐ二人目)

シャニマスはシナリオ文量が多いため、一通りプレイするだけでキャラへの愛着が湧きやすく、またイラストもかなり良いです。

コロナのせいでWCSもなくなって暇だという方はこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

f:id:anpokemas:20200410134816g:plain