あんメモ

プロデューサー兼ポケモントレーナー

【USM・GS】幻影ツボルギア

f:id:anpokemas:20181005094648j:image
こんにちは。あんです。

サンルール初の記事となります。

今回の構築はこちら。
f:id:anpokemas:20181005004337j:image

相手のPPを枯らし降参に追い込むのがコンセプトとなっており、私の性格の悪さが滲み出た構築となっていますw

 

完成まで

サンルールを知ったときに一番最初に考えたのがツボラキです。メガ進化やゲンシカイキの高ステータスやZ技による高火力が出せないので、たとえ伝説ポケモンであってもツボラキを崩すのは容易ではないと考えてました。

 

ツボラキ GS ver
f:id:anpokemas:20181004162506j:image

初期段階。ツボツボ、ラッキーは確定。ミミッキュは化けの皮により1度は確実に耐えることができ、トリル展開がやりやすいため採用。ピクシーはゼルネアスのジオコンの対策となる天然枠。ルギアは第二の要塞枠。ディアルガは第二のトリル始動枠として運用しました。全国ダブルとは違ってスカーフ潮吹きカイオーガのように伝説ポケモンを軸にゴリ押ししてくるパーティーが多いと思い、挑発への対策よりも相手の攻撃を耐えきることに意識しトリル展開をしようと考えてました。

〈 使用した感想 〉

メガ石やZクリスタルがなく叩き落とすが強い環境のため叩き落とされることが多かったです。そのため輝石で耐久力を上げるラッキーは若干向かい風に感じました。逆にルギアは耐久力の強化+プレッシャーによるPP削りが強く、叩き落とされても耐久力が下がらないのでメインをラッキーからルギアに変えても良いと思いました。

しかし全国ダブルだと3%前後しか採用されてない吠えるを覚えてるガオガエンが30%以上いたりと予想外の相手からの妨害を受けたりしました。そのためゼルネアスのジオコン対策として採用されやすい挑発、吠えるへの対策をするべきだと感じました。

 

ツボルギア 

f:id:anpokemas:20181004174040j:image

ディアルガ out  →  ネイティオ in

全国ダブルではミミッキュへの挑発や吠えるをメガヤミラミのサイドチェンジでケアしていたがメガ進化は使えないため代わりにネイティオで代用。同じ動きをエーフィもできるがボックスにネイティオしかいませんでしたw

〈 使用した感想 〉

ミミッキュ+ネイティオの選出をした際にネイティオがサイドチェンジするのがバレやすいのかミミッキュが移動した先に挑発が飛んでくることが多々ありました。またネイティオがサイドチェンジ以外にすることがほとんどありませんでした。

 

幻影ツボルギア ver.1

f:id:anpokemas:20181004192844j:image

ネイティオ out  → ゾロアーク in

ツボツボと見せかけたゾロアークが挑発や吠えるをしてきそうな相手に挑発をして阻止し、トリルを決めたら置き土産で退場。死に出しでツボツボを出して展開していこうと考えました。

〈 使用した感想 〉

楽しかった!!!!!ゾロアーク良いね

ただ伝説が1匹しかいないこと、そしてラッキーが必要なくなってきたのでルギアのサポートができる枠を採用し、相手のPPを削ることに力を入れるのが良さそうに感じました。

 

幻影ツボルギア ver.2 

f:id:anpokemas:20181005001806j:image

ラッキー、ピクシー out 

ギラティナヤミラミ in

プレッシャー+うらみで相手のPPを大幅に削ることができるギラティナがこのパーティーの2匹目の伝説枠に適してるのではないかと採用。ヤミラミは狙いの的を相手に渡すことで毒々を鋼タイプにも通せるようにしたり、鬼火やうらみでルギアのサポートをしようと採用。

 

動かし方

ルギアをツボツボとガードシェアをして、瞑想を積ませることで要塞にさせます。

その後プレッシャーやギラティナヤミラミのうらみで相手のPPを削り切って有効打を無くし、相手の降参を待ちます。

挑発が飛んでくる可能性がほぼないと判断したときはツボツボ+ミミッキュ、挑発や吠えるが飛んでくる可能性があると判断した場合はゾロアーク+ミミッキュを先発にしていました。

※挑発や吠えるが採用されやすいポケモン

挑発…コケコ、クロバット、テテフ、エルフーン

吠える…ガエン  

 

個別解説

ツボツボ

f:id:anpokemas:20181006075938j:image

性格: 呑気
努力値:H4 BD252 
特性:頑丈
持ち物:防塵ゴーグル
技構成:ガードシェア / パワーシェア / 叩き落とす / 守る

ルギアの耐久力を底上げするためのガードシェア要員。パワーシェアは相手の火力を大幅に削り、ルギアが瞑想を積める機会を増やすことができ、叩き落とすはトリック+こだわりアイテムの対策として採用してます。

 

ルギア

f:id:anpokemas:20181006080045j:image

性格: 穏やか
努力値:HD252 B4
特性:プレッシャー
持ち物:残飯
技構成:毒々 / 瞑想 / 自己再生 / 眠る

 最恐の守護神。伝説ポケモンの中でもトップクラスのの耐久力を誇り、更にツボツボとガードシェアすることで化け物じみた耐久力となります。特性のプレッシャーと相性が良く相手のPPを削りきり、相手を降参にまで追い込みます。伝説ポケモンなのにやることが陰湿過ぎですがw

技は相手のHPをじわじわ削る毒々とDの能力ランクを上げる瞑想、HP回復の自己再生と眠るを採用しました。最初は眠るの枠をサイコショックにしてましたが火力がゴミであったこと、そして毒々により毒殺されてしまうことがあったので眠るに変えました。空中に浮いてるためフィールドの影響も受けずに寝れたのは偉いです。

 この構築には通常のルギアよりもダークルギアの方が合ってるので使わせてくださいw

 

ミミッキュ

f:id:anpokemas:20181006080855j:image

性格: 図太い
努力値:HB252 D4
特性:化けの皮
持ち物:タスキ
技構成:トリル / 呪い / 挑発 / 守る

トリル要員。特性+タスキにより、たとえ伝説ポケモンの攻撃でも確実に耐えてトリルを貼れる。ガードシェアをする上でこの指止まれが厄介なので挑発を採用してますが、トリルを妨害してきそうな相手がいる場合は2匹の集中攻撃でミミッキュが致命的なダメージを受け、トリルが貼れなくなることがないようにゾロアークで挑発をして積極的にトリルを貼ってました。

 

ゾロアーク

f:id:anpokemas:20181006190238j:image

性格: 臆病
努力値:H4 CS252
特性:イリュージョン
持ち物:命の玉
技構成: イカサマ / 挑発 / 置き土産 / 守る

ミミッキュのサポート枠でありネタ枠。ボックスにいた個体の技を若干変えて使ってました。ツボツボ+ミミッキュの並びと見せかけて、トリルを妨害しようとする相手に挑発を入れてトリルを展開させてました。トリルを貼ったら役目が終了なので置き土産で退場させます。

 

ギラティナ

f:id:anpokemas:20181006190635j:image

性格: 腕白
努力値:HD252 B4
特性:プレッシャー
持ち物:フィラのみ
技構成:シャドーダイブ / 鬼火 / 恨み / 守る

2匹目の伝説枠であり、PP削りの専門家。特性のプレッシャー+恨みにより1ターンでPPを6削れるのでルギアの代わりにツボツボとガードシェアすることも考えたがHPの回復技が痛み分けと眠るしかなく、エレキフィールドミストフィールドでは寝れないので諦めてこの型にしました。ルギアはBの能力ランクを上げる手段がないため鬼火を採用して物理アタッカーの機能を停止させたりと、PP削りの他にもルギアのサポートもできました。

鬼火で物理アタッカーを弱体化できるのでDに厚く振りたかったが持ってる個体がこれしかありませんでした。

 

ヤミラミ

f:id:anpokemas:20181006190902j:image

性格: 穏やか
努力値:HD252 B4
特性:悪戯心
持ち物:狙いの的
技構成:トリック / 鬼火 / 恨み / 守る

 ルギアのサポート枠。ルギアのダメージを与える技が毒々しかなく、毒、鋼タイプには有効打がなかったのでトリック+狙いの的で無理やり毒々を通していこうと考えてました。他にはギラティナと同じく鬼火や恨みでサポートしてました。

 

最後に

今回の構築はPPを削ることがコンセプトであったためルギアの特性を変えることはしませんでしたが、スキルスワップで挑発やキノコのほうしを跳ね返せるマジックミラーや能力変化を無視できる天然、滅びの歌対策の防音などに特性を変えることで従来のツボラキのような動きも可能です。

ツボルギアはまだまだ可能性があると思いますのでこの記事を見て興味を持ってくれた方が色々と開拓してくれれば嬉しいです。