あんメモ

プロデューサー兼ポケモントレーナー

シーズン9 使用構築 まとめ

こんにちは。あんです。

 

今回はシーズン9で使用した構築の簡単な振り返りをしていきます。

 

 

ダブル

1.バシャスタン

 

INCのために構築したパーティであり、戦績も悪くはなかった。しかし威嚇ガエンが解禁となったことから運用が厳しいのではないかと使用を断念。

なお、けたぐりを馬鹿力に変更するとガエンを一撃で仕留めることができるのを後日知りました

 

2.ゲンガエン

INCで使用した構築。完成させたのが初日の夜で、ほとんど試運転できなかったことは今でも後悔が…

 

3.激おこテラキオン

 エルテラにオコリザルが入った構築。エルテラを使っているとガエンやランドの威嚇サイクルをされやすい。そのため負けん気持ちのオコリザルを入れて暴れてもらった。

 

4.ジレるハートに火をつけてみた

 

炎タイプ3匹とまさに灼熱のような構築。リザードンがXでもYでもなくZであるため度肝を抜かれるのではないだろうか。

 

5.頭のおかしいツボラキ

ツボツボがパワートリックをしてぶん殴るという従来のツボラキとは方向性が全く違う構築。パーティを一目見ただけでは全く予想できないのでほぼ100%意表を突ける。(強いとは言っていない。)

 

6.ツボクレセ

元々耐久力のあるクレセリアをツボツボとガードシェアしたら更に強化できるのではないか?という疑問から生まれた構築。結論を言うとクリアスモッグや黒い霧に怯えることはなかったが、普通に瞑想を積んだ方が強い。

 

7.シードサザンドラ入りレヒレグロス

JCS2018で使用した構築。急遽作り上げたため欠陥が多かった… この構築を使ってシードサザンドラは強いことに気づけたのは何よりの収穫だった。

 

スペレ 

1.テテフアギルダー~輪唱添え~

 

シーズン9開始前から話題になっていたテテフアギルダーの並びを採用したPT。QRを公開してますが絶望的なほどギルガルドがきついという欠点もあり、戦績はそれほどよくない。今更ではあるがアシレーヌを入れて輪唱するという手もありだな。